東久留米市議会議員 間宮みき

潤いのあるまちづくり

未来に残そう、きれいな水とゆたかな緑


落合川遊歩道での ボランティア

2008年、東久留米市の落合川と南沢湧水郡が「平成の名水百選」に東京都内で唯一選ばれ、また2010年12月には「全国湧水保全フォーラム in ひがしくるめ」が開催されました。今、市内では多くの市民が朝夕に川沿いを散歩して自然を享受し、またボランティアとして環境保全に努めています。一方、住宅都市である東久留米市の「水と緑」を守るためには、農地や屋敷林の所有者の理解と協力を求めていくことも重要です。

わたしは市民のみなさんと協力して市民参画で「湧水・清流保全宣言」の実行と、きれいな水とゆたかな緑を未来に残すための行動計画の策定を市に働きかけ、潤いのあるまちづくりを進めます。

取組みました


おちゃわんリサイクルでの
スタッフとして
  • 市民ボランティア活動「川塾」に参画し、遊びの中から自然の楽しさや大切さを子どもたちに伝えてきました。
  • 不要となった食器をリサイクル粘土に再生する「おちゃわんリサイクル」を実施し、循環型社会の実現を進めてきました。

目指します

  • 緑や湧水が息づく六仙公園の整備を進め、市民の安らぎの空間をつくります。
  • 中央図書館への指定管理者導入方針の撤回を求め、地域に精通した知の拠点となるよう取組みます。